ショートボード 6'1" –

サーフィン
サーフィングッズや気になる商品を検索できます。
サーフィングッズや気になる商品を検索できます。




商品名:【中古】CHANNEL IS LAND(チャネルアイランド)ALMERRICK EAGLESWINGモデル サーフボード [RED] 6’1″ ショートボード FIN付
ショップ:アラソアン楽天市場店

詳細:【中古】CHANNEL IS LAND(チャネルアイランド)ALMERRICK EAGLESWINGモデル サーフボード [RED] 6’1″ ショートボード FIN付 [DATE] ■ブランド:CHANNEL IS LAND ■モデル:ALMERRICK EAGLES WING ■状態:ボトム面へ

「ショートボード 6’1″」にどんなものがあるか見てみる>ショートボード 6’1″

今週50歳を迎えるケリーが8度目のパイプ優勝。五十嵐カノア5位。ビラボン・プロ・パイプライン男子最終日

 

BANZAI PIPELINE、オアフ島、ハワイ/アメリカ   2022年2月2日(水) パイプラインでの初タイトル獲得(1992年)から30年、今週50歳を迎えるケリー・スレーターが、グランドフィナーレでハワイアンのセス・モニーツを破り、2022年チャンピオンシップツアーの第1ステージである「Billabong Pro Pipeline」で優勝を飾った。

 

これはケリーにとって9年ぶり8度目のパイプラインでの優勝、CT56勝目の達成となった。

 

男子ファイナルデイ・ハイライト |

 

ケリー WSL / Brent Bielmann

 

11度の世界チャンピオンであるケリー・スレーター(USA)は、8~12フィートのパンプするコンディションの中、地元のヒーローであるセス・モニーツ(HAW)を下して優勝。18.77(20点満点中)という完璧に近いスコアで勝利をつかんだ。

 

 

人生のすべてをこのために捧げてきた。

 

 

感情をむき出しにして歓喜のケリーを見たのは何時ぶりだろう。WSL / Heff

 

2月11日に開幕予定の男子チャンピオンツアーの第2戦に出場するかどうかについては言葉を選んだケリーが表彰台でインタビューに答えた。

 

 

正直、今回が最後かもしれない。

 

 

「ここにいる皆さんに感謝の気持ちを伝えたい。ここにいるすべての人にありがとうと言いたいです。お互いにプッシュし合い、私たち全員がベストを尽くせるようにプッシュしてくれるすべてのサーファーにありがとうと言いたい。セスにもありがとうと言いたい。

 

ヒートの前にちょっとした時間があって、彼とヒートで対戦することになって、彼はプッシュしてくれと言い、自分はやろうと言ったんだ。そして、彼がこの仕事に向いていることがわかった。彼はこれからの素晴らしいサーファーであり、彼を過小評価することなんてできない。そうでしょ?

 

セスが相手だとは思わなかったよ。セスが相手だとは思ってなかったけど、彼が20ポイントを出せると思っていた。だから、自分の小さなスペースを見つけて、それを狙ったんだ。

 

このようなことが、あと何回あるか分からないけど、正直、今回が最後かもしれない。サンセットには出ないかもしれない、まだわからない。自分自身と少し話をしなければね。あと6日で50歳になるんだから。

 

 

 

12歳の頃から、この波にフォーカスして人生をかけてきた。

 

 

ケリー WSL / Heff
ケリー WSL / Heff

 

 

自分の人生を仕事に捧げてきた。それを世界の何よりも愛してる。時には、世界の何よりも嫌いなこともあるけど。ただ、自分にとってはすべてが揃っている。

 

ずっとリードしていると、トロフィーを手にしたような気分になるけど、まだそうではない。ヒート中に少しでも気を抜くと、すぐに状況が変わり、エネルギーも変わってしまう。セスと話していて、そう思ったんだ。観客は彼のレフトに熱狂していたが、彼が落ちたことには気づかなかった」とスレーターは言った。

 

「12歳の頃から、この波にフォーカスして人生をかけてきた。初めてここに来たとき、バックドアの2フィートくらいの波でやられっぱなし、ボトムで動けなくなったんだ。エフカイに戻ってパドリングしてみると、この場所が大好きになってた。それは自分に最高の思い出、自分に人生で最高の喜びを与えてくれた、このような機会を得られたことを幸運に思うよ。」

 

 

ビラボン・プロ・パイプラインは、2010年に亡くなったアンディ・アイアンズを偲んで開催され、多くのサーファーやファンにとって特別な意味を持っている。アンディの妻リンディと息子アクセルも、スレーターとモニーツ家と一緒にこの瞬間を分かち合った。WSL / Heff

 

 

ケリーと準優勝のセス WSL / Heff

 

ファイナルでは、スレーターとモニーツの両選手が最初の数本のライディングでワイプアウトするなど、厳しいコンディションの中で行われた2つのヒートの疲れが目に見えるようだった。

 

開始から10分後、49歳のスレーターはバックドアで超ロングのフォアハンドバレルを決めて9ポイントを獲得し、序盤をリード。モニーツのトライが失敗に終わる中、スレーターは7.17をマークして勢いを増し、モニーツはコンビネーションに追い込まれてしまった。

 

 

 

さらにスレーターは16+のトータルスコアでは満足できず、バックドアで3つ目のバレルを見つけ、バックアップスコアを8.17に伸ばす。

 

そして、ヒートの結果がほぼ確定した2分後、両選手はバックドアで9+ポイントのバレルを連続して決め、ビーチの大観衆を沸かせ、ハイパフォーマンス・サーフィンの素晴らしい1週間に最後の感動を与えた。

 

 

 

五十嵐カノア、開幕戦で5位

 

五十嵐カノア WSL / Heff

 

この日、スレーターは、五十嵐カノア(日本)とミゲル・プポ(ブラジル)とのヒートで圧倒的な強さを見せつけた。CT対決ではカノアがケリーに3戦全勝という戦績を残しており、スモールコンディションだったが1992年のパイプラインでの勝負ではカノアが勝利を収めていた。

 

 

スレーターがクイックシルバーだった頃から仲の良かった二人は、25歳の年齢差があるとは思えないほど親密な関係にある。しかし、今日のトリッキーなダブルオーバーヘッドのパイプコンディションでは、ベテランの経験が完全に有利だった。

 

 

ストールしてバックドア・バレルを狙うカノアWSL / Heff

 

ケリーの1本目の波は、巨大なパイプのシリンダー・バレルへのエレベーター・ドロップで5.83をスコア。さらにパイプをディープに攻めたケリーは7.67をスコア。そしてバックドアで6.50とリードを広げ、バックドアで2つのバレルをメイクしたカノアに攻め込む隙を与えずに圧勝した。

 

 

惜しくもクオーターファイナルで、今回優勝したケリーに敗れたカノアではあったが、開幕戦のパイプで5位という素晴らしいシーズンスタートを切った。次はウエイティング期間が11日からスタートする、同じハワイ・オアフ島ノースショアのサンセットで行われる第2戦。そこでの更なる活躍に期待したい。

 

ミゲル・プポ WSL / Brent Bielmann

 

ケリーは、このイベントで56回目のCT優勝を達成。過去15年間で13回、パイプラインで準々決勝以上の成績を収めている。彼のキャリアを振り返ると、パイプで116ヒートを戦い、81回のヒート勝利、56回のエクセレント・ウェーブ・スコア、8回のイベント優勝、5回のパーフェクト10を達成している。

 

そんなケリーとセミファイナルで対戦となったのはミゲル・プポ。この時点で波は少しずつ良くなっていて、どちらも優先権を持たないヒートの最初の波。ケリーとミゲルが同じ波にテイクオフ。ピークを挟んでケリーはライトに行き、ミゲルは左に。もう少しでGOATとレールがぶつかる寸前だった。

 

スレーターがバックドアを狙っていたためにプポにインターフェアが課せられた。プポがパイプラインを狙っていたためにメイクできない波と判断されたようだ。

 

ケリーはバックドアで非常にアグレッシブなラインを描き、8.33をスコア。しかしバックアップがなく、もし妨害がコールされなければ、ミゲルは初のCT決勝に進出していたかもしれない。

 

 

セス・モニーツが準優勝

 

セス・モニーツ WSL / Heff

 

CTに参戦して3シーズン目のモニーツは、地元で準優勝という大きな結果を残した。ホローな大波が大好きなモニーツは、パイプラインのビーチに集まった大勢の観客の声援にプッシュされて、素晴らしい力を発揮した。

 

セス・モニーツ WSL / Heff

 

「決勝の前に特別な時間を過ごしましたが、決勝で彼と一緒に戦ったことは本当に特別なことでした」とモニーツが言った。

 

「正直なところ、彼がサーフィンするのを横で見ているだけのような気がしました。彼が波に乗るたびに8点、9点が出て、『ああ、これでいいんだ』と思いました。前のヒートでは何度か叩かれて、疲れて大きなミスをしてしまったけど、ケリーと対戦できて光栄でしたね」。

 

ジョン・ジョン WSL / Brent Bielmann

 

パイプライン・タイトルには届かなかったものの、モニーツはクオーターファイナルで2度のWSLチャンピオンであるジョン・ジョン・フローレンス(HAW)を破り、準優勝というキャリア最高の結果を残した。

 

カイオ・イベリ WSL / Brent Bielmann

 

また、今回メディーナの欠場を受けて急遽ワイルドカードで出場した元CTサーファーでパイプラインのスペシャリストであるカイオ・イベリ(ブラジル)は、モニーツにセミファイナルで敗れたが3位という好成績でフィニッシュした。

 

明日ウィメンズ・ファイナル開催か。

 

WSLはサーファーたちと協議し、残りのウィメンズのヒートを別の日に開催することを決定。

大会が再開されれば、現代の「クイーン・オブ・パイプライン」であるモアナ・ジョーンズ・ウォン(HAW)は、セミファイナル・ヒート1で、2度のWSLチャンピオンであり、パイプラインでのディフェンディング・チャンピオンであるタイラー・ライト(AUS)と戦い、カリフォルニアのレイキー・ピーターソンは、5度のWSLチャンピオンであるカリッサ・ムーア(HAW)と戦う。

 

 

本日の大会のハイライトは、WorldSurfLeague.comをご覧ください。

 

男子Billabong Pro Pipeline

女子Billabong Pro Pipeline

 

 

ビラボン・プロ・パイプライン・メンズ決勝
優勝:ケリー・スレーター(USA)18.77
2位:セス・モニーツ(HAW) 12.53

ビラボン・プロ・パイプラインの準決勝
HEAT 1:ケリー・スレーター(USA)9.76 def. ミゲル・プポ(BRA)8.58
HEAT 2: セス・モニーツ(HAW)13.50 def.カイオ・イベリ(BRA)6.33

ビラボン・プロ・パイプライン・メンズ準々決勝
HEAT 1:ケリー・スレーター(USA)14.17 def.五十嵐カノア(JPN)7.50
HEAT 2:ミゲル・プポ(BRA)8.10 def.ルッカ・メシナス(PER)6.00
ヒート3:セス・モニーツ(HAW)17.93 def.ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)16.67
HEAT 4:カイオ・イベリ(BRA)11.67 def.サミュエル・プポ(BRA)1.73

ビラボン・プロ・パイプライン・ウィメンズ・セミファイナル・マッチアップ
HEAT 1:タイラー・ライト(AUS)対モアナ・ジョーンズ・ウォン(HAW)
HEAT 2:カリッサ・ムーア(HAW)対レイキー・ピーターソン(USA)

 

引用元
今週50歳を迎えるケリーが8度目のパイプ優勝。五十嵐カノア5位。ビラボン・プロ・パイプライン男子最終日

ショートボード 6’1″関連NEWS
【JPSA開幕戦】5月31日から一宮海岸で開催! – THE SURF NEWS「サーフニュース」(GoogleNewsより)
【JPSA開幕戦】5月31日から一宮海岸で開催!  THE SURF NEWS「サーフニュース」

タイトルとURLをコピーしました